CONNECTO(コネクト)は、日本企業のイノベーション・新規事業創出・海外への投資機会の獲得のために中国の最先端イノベーション事例や有力プレーヤーを深く理解することができ、提携パートナーの探索や連携、専門家への相談が可能なプラットフォームです。
fancybox

中国の業界最先端イノベーション事例レポートの閲覧

・年間50本以上
・毎週1本公開

できること①
fancybox

中国で注目すべきスタートアップの 企業情報の検索・活用

・年間約500社
・毎月20-30社追加

できること②
fancybox

専門コンサルタントへの相談
(オプションサービス)

・カスタマイズ分析レポート
・企業とのマッチング支援
※上記以外にもニーズに合わせて対応します

できること③
drive02

今後さらにコンテンツやサービスを充実させていく予定です

法人会員は全コンテンツ閲覧可能です

The latest Report

最新レポート

最先端を走る中国のイノベーション事例やテクノロジー活用事例を企業情報と合わせて提供します。日本企業にとって、新規事業創出やパートナー企業の探索、DXのヒントとなる情報をお伝えします。

  • Deep Dive

    高速物流支える新テクノロジー~倉庫用ロボット、ドローン、ICタグからARグラスまで

    公開中(無料)

    1人当たりGDPの増加とともに購買力の高まりがみられる中国は、すでに世界第二の消費市場となっている。このほか、ECの発達も物流・倉庫をめぐる莫大なニーズをもたらしました。中国企業は膨大な需要を前に配送効率を引き上げるため、幅広いテクノロジーを物流・倉庫に活用しています。今回は、中国企業が倉庫というシーンでいかに技術を利用し、効率の引き上げに取り組んでいるかを紹介します。

  • Startup Explore

    中国スマート家電最前線~トップ企業群の戦略と展望

    公開中(無料)

    中国では、消費者の層や生活様式、消費レベルも変化し、家電製品の革新が進んでいます。特にここ数年はIoTやAI技術などの新技術が成熟しています。新たな家電製品は若年層の生活習慣に合わせて開発された新たな機能を備え、高齢者層にも便利さを提供し、都市部の生活環境や賃貸住宅中心の居住環境にも配慮されています。今回は、日本での展開も期待できるような家電メーカーをご紹介します。

  • Deep Dive

    次世代カー開発へのシード技術~調光自在な窓用フィルムから運転アシスト用AIまで

    公開中(無料)

    中国の自動車業界では、テクノロジーで革新的なモビリティ体験を生み出す様々な取組みが始まっています。自動車メーカーにとって、消費者の期待にマッチし、ニーズを満たす乗車体験をいかに提供するかが大きな課題であり、技術を通じた各要素の融合が自動車ブランドや消費者により多くの新たな可能性をもたらしています。今回は、乗車体験をめぐる中国企業の技術活用やイノベーションモデルについてお届けします。

  • Deep Dive

    建設現場のテクノロジー革命~AI活用からドローン、ロボットまで

    公開中

    建設業は中国にとって重要な経済的支柱です。しかし人的コストが年々上昇する一方で、デジタル化が遅々として進まないことによって巨額のコストをロスしている現状を鑑み、多くの企業がテクノロジーの導入を介して業界のあらゆる問題にメスを入れています。テクノロジーの力で産業全体の効率はどれだけ改善できているのでしょうか?

  • Deep Dive

    先端医療デバイスで変わる健康管理

    公開中

    新型コロナの影響で中国でも医療・ヘルスケア分野に注目が集まっています。中国では、より速く、より効率的で、非接触での身体機能のモニタリングを可能にする実用例も出てきています。 今回は、一般人が自律的な医療管理を実現するために活用していくであろう最先端テクノロジーやサービスを紹介します。

  • Startup Explore

    アナログな生産現場のデジタル化事例

    公開中

    製造業は中国経済の支柱産業の一つだが、規模の大きさに対して効率化や管理水準の取組みスピードは遅かったです。しかしここ数年、中国のイノベーション市場に、工業のスマート化をサポートする企業が現れ始めました。今回は、製造業の現場から高く評価されているプロダクション・インテリジェンスを手掛ける企業5社を紹介します。

  • Startup Explore

    コロナ禍で注目を集める最新デジタルツール活用の最前線

    公開中

    新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、オフィスのデジタル化が急激に進んでいます。新型コロナウイルスの流行以降、中国全土が「リモートワーク」へとシフトしており、デジタルオフィスツールの価値に注目し始めています。今回はデジタルオフィスツールを手がけるスタートアップの取組みを紹介します。

Corporate information DataBase

企業情報DB

36Krの取材や調査に基づいて、日本でも活用できるテクノロジー、日本に展開可能な事業展開をしている中国の優秀スタートアップを多数掲載しています。

会社名
本社所在地
カテゴリ
応用分野
製品技術
最新のラウンド
主要投資者
本社所在地: 深圳
カテゴリ: ハードウェア技術
応用分野: ・エンタメ ・小売
製品技術: ・AR(拡張現実) ・VR(仮想現実)
最新のラウンド: エンジェルラウンド
主要投資者:

SOSV

本社所在地: 北京
カテゴリ: 教育
応用分野: ・教育
製品技術: ・オンライン教育
最新のラウンド: 戦略投資
主要投資者: テンセント、経緯中国(Matrix Partners Chi...
本社所在地: 北京
カテゴリ: ハードウェア技術
応用分野: ・モビリティ ・不動産 ・公共
製品技術: ・3D・ホログラム ・AR(拡張現実) ・VR(仮想現実) ・自動運転
最新のラウンド: シリーズB
主要投資者:

センスタイム(商湯科技)

本社所在地: 北京
カテゴリ: 小売
応用分野: ・小売
製品技術: ・O2O ・無人化・省人化
最新のラウンド: 戦略投資
主要投資者:

高瓴資本(Hillhouse Capital)、テンセント

本社所在地: 上海
カテゴリ: ハードウェア技術
応用分野: ・モビリティ ・不動産 ・医療・ヘルスケア・美容 ・安全・セキュリティ ・小売
製品技術: ・AI-コンピュータビジョン ・AI-自然言語処理
最新のラウンド: シリーズC+
主要投資者:

高瓴資本(Hillhouse Capital)

About us

36Kr Globalとは?

36Krは月間5億PVを誇る中国最大級のイノベーション・スタートアップ分野に特化した専門メディアです。
36Kr Globalは、36Krの海外事業を統括し、中国、日本、東南アジア、インドのアジア主要4地域で事業を行っています。
各地域の大企業/スタートアップ/投資機関/メディア/教育/政府機関等とのエコシステムを形成することで、国境を越えた企業同士の協業や提携を支援しています。

Prices

料金プラン

無料会員

無料

  • レポート(サンプルのみ) 閲覧可
  • 企業情報(サンプルのみ) 閲覧可
  • オプションプラン 利用可

法人会員

年額100,000円

人数:1名

  • 全レポート読み放題・年間約50本 ※7月時点10本
  • 全企業情報 使い放題・年間約500社 ※7月時点150社
  • オプションプラン 利用可
  • ※今後さらにコンテンツや機能を増やす予定です

法人会員

別途お見積り

人数:2名以上

  • 全レポート読み放題・年間約50本 ※7月時点10本
  • 全企業情報 使い放題・年間約500社 ※7月時点150社
  • オプションプラン 利用可
  • ※今後さらにコンテンツや機能を増やす予定です